糖尿病により喉が渇くことと生命保険について

糖尿病と言えば、現代の日本の国民病ともいわれる病気であり、患者さんの数はとても膨大です。

糖尿病は、肥満とも大きなつながりがあり、肥満の人ほどこの病気になりやすい、とされています。

生命保険は、何かがあった時に大切な家族や自分、また、自分の蓄えてきた貯金、貯蓄などを守ってくれるとても素晴らしいものですが、糖尿病の患者さんは入れないことの方がおおいものです。

これは、なぜかというと、糖尿病の患者さんは医療行為が大きくなる可能性があり、また、入院手術などがかかわる関係があることからです。

生命保険は、基本的に、健康な人しか入ることができません。

そのため、生命保険会社の人としては、健康なうちに生命保険に加入することを強くすすめるケースがあります。

実際、そのすすめられた結果、生命保険に加入した後に、糖尿病などで入院した場合には、きちんと保険金が支払われるようになっているので、健康なうちに、加入することはとてもよいことです。

また、今、話題となっている生命保険では、たとえばがんになってしまった時のみ、保険がおりる、そのようなタイプもあります。その場合、糖尿病の患者さんであっても、入ることはできますが、保険の対象ががんになってしまった時だけ、がんに関する入院、または手術が対象となるため、糖尿病に関する、手術などや入院は除外されてしまいます。

糖尿病の患者さんは、喉が渇くことで有名です。これは肥満とも直結していることなのですが、どうしても甘いものや塩辛いものなどを食べてしまう食生活があるため、喉が渇くという現象が起きてしまうのです。

そのため、患者さんの中には、夜にも水などの飲料水を手放せない、そのような方もおられます。