糖尿病による貧血とASHEについて

糖尿病の多くは生活習慣が原因で起こると言われています。日本で患者が増えたきっかけは、欧米の食生活が食卓に取り入れられた事が大きく関わっています。現在の糖尿病患者の総患者数は全国で270万人を超えるとも言われていますが、予備軍の人たちを入れるとその数は膨大なものになります。日本人の多くが糖尿病という名前を知っていても、その病気がもたらす症状や合併症について知りません。実際に、糖尿病が原因で死亡する人の数は1万人を超えますが、実際には糖尿病による高血圧が悪化し、脳血管疾患に進展してしまったケースが多いのです。糖尿病の人はブドウ糖濃度が高いため貧血を起こす人が多いです。貧血には鉄欠乏性貧血、溶血性貧血、腎性貧血がありますが、糖尿病の人がなりやすいのは腎性貧血です。また、同じくらい気を付けなくてはならないのが人間の第二の心臓とも言われている足です。血糖値が高い状態が続くと、神経障害のほかに動脈硬化などによる血流障害が起こりやすくなるほか、菌などの感染に対する抵抗力も落ちてしまいます。神経の障害により、足に怪我をしていても気づくのが遅れて手遅れになってしまうケースが少なくありません。日本では多くの患者さんがこういった症状に悩まされていますが、足専門で診てくれる病院はどこにもありませんでした。佐賀医大、新古賀病院などの医師が連携して活動しているASHEプロジェクトは、糖尿病患者による足の問題だけではなく、巻き爪やウオノメなど様々な下肢の病気に対応してくれます。第二の心臓とも呼ばれている足を主に診察してくれることから、日本でも下肢の大切さを見直し、ASHEプロジェクトの参加施設も徐々にですが増えてきています。日本でも高齢化社会が進んでいる中、最近では健康寿命という言葉も聞かれるようになりました。こういった対策のためにも、ASHEプロジェクトは日本にとって欠かせない存在になるでしょう。